その10 裏の話

今回は裏の話をしよう。とは言え、

聞き耳をたてるほどの話でもない。

裏は裏でも、裏地の話。

 

バッグには、たいがい裏地が張ってある。

トビウオ・バッグの裏地の色は、

自称「トビウオ・ブルー」。

色彩的に言うならば、

「グレイッシュ・ブルー」。

ややグレーがかった水色だ。

もちろん、オリジナル・カラーのつもりでいるが、

世の中には似た色が、ままある。

 

いつだったろう。2、3年前の夏だったか、

都会の空に、なじみの無い鳥が飛来した。

オナガというカラス科の鳥だ。

その名の通り、尾羽が長い。

その尾羽が、きれいな「グレイッシュ・ブルー」。

似ている。目を疑ってしまった。

自然界に「トビウオ・ブルー」を発見した。

ブルーでつながった鳥と魚。

ブルーでつながった空と海。

あまりにきれいにつながって、

顔がほころんでしまった。